衛生管理のプロがサポートするウィズコロナの時代に合わせた店舗づくり

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

サラヤのサニテーション事業本部副本部長戸室 淳治 氏
サニテーション事業本部 副本部長  戸室 淳治 氏

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、小売はどのように店舗の感染対策を進めていくべきか? いろいろな情報があふれ、マスクや消毒薬を求めて来店客が押し寄せた店舗も少なくない。そこで衛生分野のトップ企業であるサラヤのサニテーション事業本部、副本部長の戸室淳治氏に聞いた。

ハードとソフトの両面で衛生管理をサポート

――新型コロナウイルスをはじめ、各種感染症や食中毒対策の基本である手洗いと消毒を日本に定着させたのが御社と聞いています。

戸室 はい、そのとおりです。戦後、衛生状態の悪かった日本では赤痢やコレラなど伝染病が大流行しました。創業者である更家章太は、感染症を「治す」ことよりも「防ぐ」ことに着目し、手洗いと同時に殺菌・消毒のできる日本初の薬用石けん液と、それを衛生的に供給する専用容器を開発。同時に、手を洗うことの習慣化を広めるべく、標語を用いた啓蒙活動を行いました。これがサラヤのはじまりです。1952年の創業以来、「衛生」「環境」「健康」の3つを事業の柱とし、より豊かで実りある地球社会の実現をめざしています。

――サラヤといえば「ヤシノミ洗剤」などのように家庭用製品のメーカーというイメージが強いのですが、サニテーション(衛生管理)といった事業も手がけているのですね?

戸室 当社では一般家庭向けの商品を扱うコンシューマー事業、医療や介護の現場での感染対策をサポートするメディカル事業、食品取扱現場や事業所などの総合的な衛生レベルの向上をサポートするサニテーション事業という3つの領域で事業を展開しています。 

 私たちサニテーション事業本部には食品衛生と公衆衛生の2つの部隊があり、前者は食を扱う小売、外食、工場などを対象とし、後者は官公庁や学校、企業をはじめ、食以外のあらゆる事業所を対象にしています。そのため業務用では圧倒的なシェアを占めています。

――業務用の衛生管理を始められたきっかけは何ですか?

戸室 食品スーパー(SM)における食品衛生・食中毒対策ですね。そもそも40年ほど前までは、バックヤードで使用する洗剤は家庭用が多く、使い方も人によってまちまちで、食中毒などの事故も頻繁に起きていました。そこで当社では、誰もがわかりやすく、より安全でより簡単に衛生管理が実行できる環境を提供することが食の安全・安心につながると考え、業界初の「カラーコーディネートシステム」を構築しました。現場で必要な洗剤や消毒剤の規格をすべて統一し、用途別にラベルをカラーで分類。カラーと連動した使い方のマニュアルを作成したのです。これにより、現場の責任者からパート、外国人労働者まで誰もが一目で、どの薬剤をどのタイミングで、どのように使えばよいのかがわかるようになりました。

 ただ、これだけでは不十分と考え、マニュアルどおりに使われているかどうかをチェックするサポートチームを1989年に立ち上げました。商品をハードとするならば、サポートというソフトもセットで行うことで、お客さまの課題解決につながるという考え方が創業以来、サラヤには根付いています。「食品衛生インストラクター」と呼ばれる当社独自のスタッフが、店舗の衛生調査からHACCPやISOなどのコンサルティングまで幅広いサポートを行っています。2008年にはサービス提供者として国内で初めてISO22000*認証を取得、世界に通用する食品衛生管理サービスを提供しています。

*原材料の確保から最終消費者にわたるまでのフードチェーン全体を対象とした食品安全マネジメントシステム

手洗いを習慣化するための標語と、手洗いのポスター
赤痢予防対策として手洗いと同時に殺菌・消毒ができる石けん液を開発。サラヤのはじまり( 左)手洗いの習慣化を広めるために標語をつくり啓蒙活動を(右)

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media