数々の米アパレルを死に追いやったアマゾン・エッセンシャルズ静かに日本に上陸

河合 拓
Pocket

アマゾン・エッセンシャルズを徹底分析!その評価は?

筆者がアマゾン・エッセンシャルズを購入して、分析した結果は!?
筆者がアマゾン・エッセンシャルズを購入して、分析した結果は!?

 さて話をアマゾン・エッセンシャルズに戻そう。何はともあれ、実際に買ってみなければ評価もできない。私は、アマゾン・エッセンシャルズはどんな商品があるか、点検していった(https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=7964847051)。 

 一言で言えば、「酷い」である。値段だけは恐ろしく安いが、下着まがいのものやホームウエアのようなものが多く、欲しいものがないのだ。「より高品質な普段着を」を書かれているものを見れば、ユニクロを意識していることは明らかだ。私はてっきりZARA型のMDで勝負をしかけてくると思っていたから、意外だった。「ひょっとしたら、ユニクロ並の高品質なものが揃っているのか」とも思い、いくつか購入したのだが、素材、縫製、仕上げどれをとっても、言葉を選ばずにいわせていただければ、「Garbage!!」 (ゴミ箱へ直行) である。

 あえてよく言えば、「値段相応」だ。アメリカのスーパーなどにつるしで売っている安物の服と違わない。こんなものは、アメリカのスーパーなら通用するが、日本では通用しない。なぜこんなものを販売するのか理解できないというのが正直なところだった。普通に田舎のスーパーにいけば同じレベルのものが置いてある。おそらく社内では、未だに日本市場に対する攻め方で揺れているのだろう。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media