7月よりレジ袋有料化 お客も会社も地球も、3方良しのビッグ・エーの取り組み

2020/06/19 17:29
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集長 阿部幸治

7月1日より、全国一律で小売業を含む全ての事業者を対象に、プラスチック製買い物袋(いわゆるレジ袋)の有料化がスタートする。客数減少を恐れて戦々恐々として、あれこれ知恵を絞っている小売業者もいるが、基本は横並びの「規則として守るべき」もの。そうしたなかで、地球環境とお客の利便性双方を考えた取り組みも見られている。

 

7月1日から開始!レジ袋有料化制度とは

 まず、制度からおさらいしたい。冒頭で「プラスチック製買い物袋」と表記した通り、実は全てのレジ袋が規制の対象というわけではない。有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のあるプラスチック製買い物袋だけだ。

 したがって、紙袋や布製の袋、そして環境に優しいバイオマス素材の配合率が25%以上のもの、そして海洋性分解性プラスチックの配合率が100%のものも対象外だ。また、プラスチック製買い物袋であっても、フィルムの厚さが50マイクロメートル以上のものも対象外。繰り返し使用が可能で、結果的に地球に優しいからだ。ちなみに一般的なレジ袋は厚さ12~20マイクロメートル程度のため、通常のレジ袋の2.5~4倍程度の厚みを持つこととなる。もちろん、その分値段は高くなる。

 また、「持ち手」があることが「プラスチック製買い物袋」の定義となるため、持ち手のない袋は有料化の対象外。スーパーのサッカー台に設置してあるロールポリ袋などもそれに当たる。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media