コロナ禍を「ひっくり返そう」 百貨店 中元ギフトの反転攻勢

2020/06/23 05:55
宮川耕平(日本食糧新聞社)

百貨店のそごう・西武がコーポレートメッセージとして使用する「わたしは、私。」、2020年版はイメージキャラクターに大相撲の小兵力士・炎鵬関を起用し、「さ、ひっくり返そう。」とうたいます。そのムービーでは、炎鵬の姿にナレーションを重ねて、「大逆転は、起こりうる。/わたしは、その言葉を信じない。/どうせ奇跡なんて起こらない。」と、ややネガティブに始まります。2020年元旦に合わせて発表された「さ、ひっくり返そう。」ムービー、まるで今年の百貨店業界の予言です。

そごう・西武「わたしは、私。」の特設サイトより
そごう・西武「わたしは、私。」の特設サイトより

5%減じゃなく95%減 ひっくり返った月次動向

 新型コロナウイルスの感染拡大で、百貨店の営業は著しく制限されました。2月、3月と深刻さは増していき、緊急事態宣言が発令された4月は、業界の全店ベースで71.5%減(経済産業省 商業動態統計)になりました。

 5月に入っても底打ちとはならず、売上全国1位の伊勢丹新宿本店の5月度は88%減です。海外旅行客も多い東京・銀座の百貨店はなお壮絶で、松屋銀座店は91.3%減、三越銀座店は95.4%減・・・。ちなみに昨年5月の伊勢丹新宿本店は1.2%減、松屋と三越の銀座店は共に1.6%増でした。百貨店の月次動向は新型コロナで、まさに「ひっくり返って」しまいました。

 営業の再開後も、感染予防対策で店内の混雑を避けなければならない状況が続きます。遠出は控えるべきという状況も、百貨店のような広域型の業態には苦しいところです。営業時間は短縮、さまざまなイベントは中止、まして銀座のような商圏にインバウンド消費はいつになったら戻るのでしょうか、見当も付きません。

 先に挙げた炎鵬ムービーのナレーションは続きます。

「わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。/土俵際、もはや絶体絶命。」

 照明は暗転し、炎鵬はガックリとうなだれます。そこへ「さ、ひっくり返そう。」の字幕。映像とナレーションが巻き戻されていくのです。BGMも逆回転らしいです。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media