ファミマ、レジ袋辞退で「エコスタンプ」付与、30個貯まると商品と引き換え

2020/06/18 10:59
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ファミマのバイオマス素材を30%配合した有料レジ袋
7月からバイオマス素材を30%配合したレジ袋を1枚3円で販売する

 ファミリーマートは7月1日から、プラスチック製レジ袋の有料化が義務付けられるのに合わせて、レジ袋辞退者に「エコスタンプ」を付与する。ファミマ店舗でのレジ袋辞退率は2019年度実績で30%だったが、有料化後は早期に60%に引き上げることを目指す。

 エコスタンプの付与は、バーコード決済機能付きのアプリ「ファミペイ」で支払った人が対象。有料レジ袋を購入しなかったことをアプリが自動で判別して、スタンプを付与する。200円(税込み)以上の買い物につき、スタンプが1個貯まる。スタンプの付与は1日3個まで。

 スタンプが30個貯まると、対象商品が220円割引となるクーポンと交換できる。7〜8月は「花王アタックZERO」(税別498円)が対象商品となる。

 ファミマではレジ袋有料化後、バイオマス素材を30%配合したレジ袋を1枚3円(税込み)で販売する。これにより、年間約7000トンのプラスチック削減効果を見込んでいる。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media