世界最大のホームセンター、ホーム・デポの最新決算

2020/06/17 05:55
太田美和子(リテイルライター)
高浦佑介(『ダイヤモンド・ホームセンター』副編集長)

米国最大かつ世界最大のホームセンター・チェーンであるホーム・デポ(The Home Depot)。売上高12兆円を超える規模もさることながら、軽く10%を超える営業利益率、新規出店に依存せず既存店売上高を成長させていること、デジタル投資など、これからの日本の小売企業にとって経営の参考になる点がたくさんある企業だ。ホーム・デポは今何に取り組んでいるのか、2020年2月期の決算を読み解こう。

ホーム・デポは新規出店せず、既存店を成長させている

既存店売上が3.5%増

 ホーム・デポの大命題はナンバーワンの地位を維持し続けることだ。安さを第一の顧客提供価値と位置づけ、同業他社よりも速いスピードで成長することをめざしている。

 その目標を果たすため、ホーム・デポは18年度から3年間の投資戦略「ワン・ホーム・デポ(One Home Depot)」を開始した。「ワン・ホーム・デポ」とは、デジタルとリアルをスムーズに行き来できるシームレスな買物体験のことで、ホーム・デポはその実現を目指して110億ドル(約12100億円)を集中的に投資する。すでにホーム・デポのECは全米で5番目の売上規模を誇るが、EC利用者のほぼ半数が注文した商品を店舗で受け取っている。デジタルとリアルをよりシームレスに融合すればビジネスチャンスは広がるはずとの考えから起案された同戦略は、1712月に発表されて18年度から実施された。

 ホーム・デポは、この3ヵ年戦略の2年目である19年度の業績を発表した。22日に終了した19年度の売上高は11022500万円(約121248億円)で前年度と比べて1.9%増加した。客数は前年度よりも0.3%減少したが、平均客単価が2.4%増えたことが売上増に寄与した。営業利益は1584300万ドル(約17427億円)で前年度比2.0%だった。既存店売上高は前年度比3.5%増と好調だった。

 最大のライバル企業であるロウズ(Lowe’s)を、売上高と既存店売上高の伸びでは上回った(同社は世界2位、米国2位のホームセンターである)。「複数年にわたる投資プログラムの2年目にあたり、当社の戦略が顧客提供価値を創出しつつあるとこれほど確信を持ったことはない」とクレイグ・メニア会長兼CEO兼社長はコメントした。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media