減らした商品は9割! ジャパネットがEC戦略で大事にしている「厳選集中」の本質

2020/06/19 05:55
ジャパネットホールディングス代表取締役社長兼CEO 髙田旭人

テレビ通販でおなじみのジャパネット。2019年12月期のグループ連結売上高は約2700億円と過去最高となった。15年に創業者で父である髙田明氏から経営を引き継いだ旭人氏は「2代目」の重責を担い、事業戦略や働き方改革、組織マネジメントなどを見直し、いかに「ジャパネットらしさ」を打ち出していくかに注力してきた。ECへの取り組みもその一つだ。ジャパネット流EC戦略の一端を著書「ジャパネットの経営」(日経BP)からお届けする。

ジャパネットサイト
テレビ通販で売り上げを伸ばし続けるジャパネット。ECにおいても明確な戦略がある

ジャパネットのサイトの個性とは何かを考えた

 20167月、ECサイトを「ジャパネットセンカ」として刷新するのに合わせて、取扱商品数を約8500点から600点程度に大きく絞り込みました。残った商品は7%ほど。商品数を9割以上減らしたことになります。

 同じタイミングで、すべての商品に45秒間の紹介動画をつけています。お客様により詳しく、分かりやすく説明するためです。長年、当社はテレビ番組制作をしてきましたから、動画づくりは得意です。

 インターネット上にはたくさんの通販サイトがあります。その中で「どうしたらお客様にジャパネットのサイトを見てもらえるだろうか」と考え、当社の強みを洗い出してみました。

 スタジオがある、MCがいる、番組制作を自前でやっているといった強みがあり、最近はネット上の動画を視聴する人が増えている。こうした結果から、全商品に紹介動画を載せることにしました。

 45秒で商品を紹介するというのも、早い段階で決めました。商品の訴求ポイント3つを、約15秒ずつ説明します。どの商品もすべてこのパターンなので、見る人も理解しやすいですよね。時間的な長さもちょうどいい。

 外出先で見る場合など、音声を消して閲覧するケースを想定して、MCが話す内容に合わせて字幕(テロップ)を大きく出したり、タイマーを表示してあと何秒で動画が終わるか分かるようにしたりといった工夫もしています。

 7年くらい前にインターネット部門の担当になりました。まだ社長に就任する前のことです。それからずっと「ジャパネットのサイトの個性とは何だろう」と考えていました。

 大手ECサイトのように、当社も何十万という数の商品を載せるべきなのかと自問自答していましたが、直感的に「それは違うな」とも思っていました。

 2016年の初め頃、たまたまプライベートで欲しいものがあって、ジャパネットの通販サイトで探していたら、一昔前の商品が出てきました。「こんな商品、まだ売っているのか。でも、買う人はいるのかな」と思って調べたら、2、3カ月に1、2個売れている程度でした。気になって調べてみると、ほかにも売れていない商品が結構ありました。

 当時、ECサイトに新商品を登録するチームがあり、10人のメンバーがいました。これだけのメンバーが一生懸命登録した商品のなかに、ほとんど売れていないものがかなりある。つまり、あまり需要がない商品を登録するために、ものすごく時間をかけていることが分かりました。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media