楽天西友ネットスーパー、商品の受け取りを原則非対面に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

SEIYUドットコム
新型コロナウイルスの感染防止策として4月中旬から希望する利用者には非対面で商品の受け渡しを行っているが、今後は原則として全て非対面で商品を渡す。 写真はSEIYUドットコム

 楽天と西友は5月28日から、両社が共同で運営する「楽天西友ネットスーパー」で注文した商品の受け取りを非対面とする。新型コロナウイルスの感染防止策として4月中旬から希望する利用者には非対面で商品の受け渡しを行っているが、今後は原則として全て非対面で商品を渡す。

 配送員がインターフォンなどを通じて、商品の置き場所を確認し、利用者は配送員が立ち去った後、商品を受け取る。台風などの悪天候の場合は、非対面での受け取りができない場合がある。

 また、ネットで受注した商品を店舗で引き渡すサービスを「西友行徳店」(千葉県)と「西友朝霞根岸店」(埼玉県)で試験的に導入する。ネットで商品を注文する際に受け取る方法として「店舗でのお渡し」を選択すると、店舗に設置した専用カウンターで指定した時間に商品を受け取ることができる。

 受け取り時間は2時間単位で指定できる。受け取り可能なのは、注文当日から4日間の午前10時から午後8時まで。行徳店では出入口に近い店内の空きスペースに、朝霞根岸店では1階駐車場に商品受け取り用の専用カウンターを設置する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media