ワタミ、食品スーパー「ロピア」に休業中の従業員を出向

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ロピア
ワタミから出向する従業員は、居酒屋で培った接客や調理の経験を生かしてロピア店内での業務に当たる。

 居酒屋大手のワタミは5月7日、緊急事態宣言を受けて休業中の店舗従業員を食品スーパーのロピア(川崎市)に出向させると発表した。休職中の社員の働く場を確保する。ロピア側は店舗の人手不足を補う。

 ワタミは4月13日から国内の約400店舗を休業している。休業店舗の従業員は自宅で過ごしていることが多いという。一方、首都圏で48店舗を展開するロピアでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う食品や日用品の需要拡大で客数が増加しており、従業員の確保が課題となっている。

 ワタミから出向する従業員は、居酒屋で培った接客や調理の経験を生かしてロピア店内での業務に当たる。ワタミは、従業員が食品スーパーで経験を積むことにより、「新たな知見を得て視野が広がることで、出向解除後の自社の業務での相乗効果が生まれることを期待する」としている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media