ローソン、緊急時のトイレ使用を可能に、店舗によっては一般客も

2020/04/30 11:39
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ローソン
店舗のトイレ・ごみ箱・灰皿の使用を一時休止すると発表していたが、利用客や加盟店からトイレの使用継続を求める声が多く寄せられたため、トイレの使用ルールを変更した。

 ローソンは4月29日、新型コロナウイルスの感染抑止のため一時休止するとしていたトイレの使用を緊急時に従業員に声を掛ければ使用可能にすると発表した。周辺に公衆トイレなどがない郊外や幹線道路沿いの店舗などでは、加盟店の判断で一般客も使用できるようにする。

 同社は28日、店舗のトイレ・ごみ箱・灰皿の使用を一時休止すると発表していたが、利用客や加盟店からトイレの使用継続を求める声が多く寄せられたため、トイレの使用ルールを変更した。

 ごみ箱と灰皿の使用休止は継続する。また、28日の時点では使用休止期間を明確にしていなかったが、期間は緊急事態宣言が発動されている間をめどにすることを明らかにした。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media