西友、現場従業員3000人を緊急採用、3億5000万円の特別一時金も

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

西友
西友は4月24日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中でも、店舗の24時間・年中無休の営業を継続するために総額13億円を投資することを明らかにした。 写真gettyimages/winhorse

 西友は4月24日、新型コロナウイルスの感染が拡大する中でも、店舗の24時間・年中無休の営業を継続するために総額13億円を投資することを明らかにした。店舗や物流センターなどで働く人員の採用や特別一時金の支給などに充てる。

 現場従業員については3月から約3000人の緊急採用を始めており、従業員を増やすことで交代要員を確保する。また、すでに同社で勤務している現場従業員3万3500人に対しては、総額3億5000万円の特別一時金「スーパーヒーロー・ボーナス」を支給する。

 同社では緊急事態宣言発令後の急激な需要の高まりに対応するために、物流センターの人員を増やしたり、外部倉庫を活用したりするなど商品の調達と供給能力を強化している。

 店舗では、レジ担当者のマスクやゴーグル、手袋の着用、対面レジにおける透明シールドの設置、セルフレジの使用推奨などの安全対策を行っている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media