イトーヨーカ堂、新型コロナウイルスに対応しテナント賃料減免を発表

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

イトーヨーカ堂は、新型コロナウイルス感染拡大に伴ない、同社が運営する店舗内に出店しているテナントの営業状況を鑑み、3 月分の賃料を減免する。

 イトーヨーカ堂は13日、新型コロナウイルス感染拡大に伴ない、同社が運営する店舗内に出店しているテナントの営業状況を鑑み、3 月分の賃料を減免する。

 対象店舗は、全国のイトーヨーカドー、アリオ・グランツリー・プライムツリー全店(2020 年 3 月現在 全店舗数 158 店舗)。3月分の賃料減免の内容としては、月間最低保証売上を撤廃するとともに、固定賃料を減額する。

 テナント料の減免は、イオンモールやホームセンター大手のLIXILビバも行っている。今後もイトーヨーカドーは取引先の協力のもと、新型コロナウイルス感染拡大の環境に迅速に対応して、より良い店舗運営に取り組んでいくとしている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media