ローソン、ウーバーイーツでの宅配対応を500店舗に拡大、巣ごもり需要対応

2020/04/10 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ローソンウーバーイーツ
ローソンは、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要の増加に対応するため、「ウーバーイーツ」での宅配に対応する店舗を5月末までに約500店舗に拡大する。

 ローソンは、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要の増加に対応するため、「ウーバーイーツ」での宅配に対応する店舗を5月末までに約500店舗に拡大する。現在は東京都内の14店舗で対応しているが、関東と近畿で対応店舗を増やす。

 4月9日に同社が明らかにした。ウーバーイーツによる宅配の対象となるのは、弁当やおにぎり、冷凍食品、菓子、飲料・酒類、日用品など約200種類の商品。

 一方、感染拡大の防止や感染者の治療に当たる人たちを応援するために、感染者を受け入れる宿泊施設に療養の際の食事を提供するほか、病院内にあるローソンの約320店舗で4〜6月の各月に1回、医療従事者にスイーツやカウンターコーヒーを5割引で販売する。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media