バローHD、リテールパートナーズと共同で佐賀の缶詰メーカーを買収

2020/04/03 11:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

バロー
バローホールディングスとリテールパートナーズは4月1日、佐賀県の缶詰メーカー、白石罐詰工場(白石町)を買収したと発表した。

 バローホールディングス(HD、岐阜県多治見市)とリテールパートナーズ(山口県防府市)は4月1日、佐賀県の缶詰メーカー、白石罐詰工場(白石町)を買収したと発表した。同日付けで、バローHDが発行済み株式の66%、リテールパートナーズが34%を取得した。株式の取得額は非公表。

 白石罐詰工場は、地元で生産されたレンコンやタケノコの水煮加工を行っている。2019年3月期の売上高は3億9100万円、純利益は1000万円だった。バローHDとリテールパートナーズは両社の販売網を生かして白石罐詰工場の製品を拡販し、製販一体となることで利益率を高める。

 バローHDとリテールパートナーズは、アークス(札幌市)を含めた3社で18年12月に資本業務提携し、新日本スーパーマーケット同盟を結成した。3社間で商品や産地、取引先に関する情報を共有したり、共同販促を行ったりするなどの取り組みを進めている。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media