ヤマトと組んで翌日配達率向上 ヤフー親会社が打ち出す新コマース戦略「Xショッピング」構想とは!?

2020/03/24 16:35
森田俊一(流通ジャーナリスト)

ヤフー(東京都)の親会社であるZホールディングス(東京都:以下、ZHD)は24日、オンライン記者会見を開催し、物流・配送を強化する新戦略を発表した。あわせてZHDは、ヤマトホールディングス(東京都:以下、ヤマト)と業務提携することで基本合意したことを発表。ZHDが描く新コマース戦略「X(クロス)ショッピング」構想とはどのようなものなのか。

ZHDの川邊健太郎社長とヤマトの長尾裕社長

ヤマトと業務提携を締結

「国内No.1ECモール」を目標に掲げ、アマゾンジャパン、楽天(東京都)を猛追するZHDが、EC事業の基盤をトータルで拡充する。

 今回の発表の目玉の1つがヤマトとの業務提携。この提携により、「Yahoo!ショッピング」、「PayPay(ペイペイ)モール」に出店するストア向けに「フルフィルメント」、「ピック&デリバリー」と言う2つの新物流サービスをスタートする。

 ヤマトがこれまで築いてきたネットワークを生かし、「フルフィルメント」では受注、ピッキング、梱包、出荷までの一連の業務を、「ピック&デリバリー」では梱包、出荷、出荷後の配送までをヤマトが代行する。これによりZHDは、モールに出店するストアの業務的な負担を軽減し、ヤフーのショッピングモールに出店する魅力を高めるとともに、商品の翌日配達率の向上をめざす。

 これらのサービスは3月24日に受付開始、6月30日からサービスを開始する。ヤフーでは同サービスを利用したストアの商品を購入した人限定で送料相当にあたる「PayPayボーナスライト」を付与し、“実質送料無料”とする期間限定のキャンペーンも実施することを発表した。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media