吉野家、牛丼のテイクアウトを期間限定で値引き、臨時休校の子供向けに

2020/03/11 10:18
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

都内の吉野家
新型コロナウイルス感染対策として実施されている学校の臨時休校を受け、12歳以下の子供用の食事として牛丼を持ち帰る場合「小盛」から「超特盛」まで全サイズの本体価格を一律74円値引きして販売する。写真はロイター

 牛丼店チェーンの吉野家は、新型コロナウイルス感染対策として全国で実施されている学校の臨時休校を受け、12歳以下の子供用の食事として牛丼を持ち帰る場合、一律74円値下げして販売する。

 期間は3月10日から31日まで。通常価格352円(税込み380円)の牛丼「並盛」は、278円(同300円)となる。「並盛」以外のサイズも、本体価格を一律74円値引きする。

 来店の際に子供を同伴する必要はなく、子供の人数を伝えれば割引を受けられる。来店客1人に付き、割引価格の適用は3食まで。スマートフォンで事前に注文し、指定時間に商品を受け取る「スマホオーダー」も利用できる。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media