ベイシア、新業態1号店で本格フレンチコース提案の衝撃

2020/03/10 05:50
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

2000円以内で楽しめる
本格フレンチコースを提案

 総菜の新しいコーナーのなかでも注目したいのが、フレンチメニューの「Bon Repas(ボン ルパ)」だ。本格的なフレンチメニューを提案することをめざして、バイヤーが取引先メーカーと協力し、約3カ月で開発したものだ。前菜からスープ、メーンディッシュ、デザートまで計約25SKUを販売。前菜などはアウトパックだが、多くの商品を店内調理で提供する。

自宅で本格フレンチメニューを提案する「Bon Repas(ボン ルパ)」コーナー
自宅で楽しめる本格フレンチメニューを提案する「Bon Repas(ボン ルパ)」コーナー
「フレンチオードブル」(398円)
「フレンチオードブル」(398円)
「手作りハンバーグとフォアグラのトリュフソース」(398円)
「手作りハンバーグとフォアグラのトリュフソース」(398円)
「サーモンのポワレハニーマスタード」(398円)
「サーモンのポワレハニーマスタード」(398円)
「ミニカヌレ」(298円)
「ミニカヌレ」(298円)

 写真はメニューの一例だが、いずれもフレンチ風の見た目、味付けにこだわっていることがわかる。注目したいのは価格だ。「より良いものをより安く」を掲げるベイシアの方針を踏襲し、1品目を500円以内、コースで買い揃えても2000円以内で収まる価格設定とした。

 筆者もオードブルとハンバーグを購入し、実際に食べてみた。オードブルは、なかなか食べ慣れないメニューで評価が難しかったが、ハンバーグはソースにフォアグラの風味が効いた“本格感”があった。日常の食卓のなかで異国の本格的なメニューを低価格で味わえたという満足感も得られたように思う。

1 2 3 4

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media