彷徨うコンビニその4 ローソンによるドラッグストア買収の可能性

2020/03/09 05:45
森田俊一(流通ジャーナリスト)

ファミリーマート(東京都)がサークルKサンクスを取り込んでコンビニ業界2位に浮上し、3位に転落したローソン(東京都)に注目が集まっている。過去にミニストップ(千葉県)との経営統合が噂されるなど、ローソンの浮上策が注視されるなか、最近は「三菱商事らしい秘策が潜んでいるのではないか」という観測も飛び出している。

ローソン

潰えたミニストップとの縁談

 ファミリーマートがユニー傘下だったサークルKとの統合を決めた際、真っ先に業界で観測が上がったのがローソンとイオン(千葉県)グループのミニストップとの経営統合だ。

 三菱商事はイオンの株式を約5%保有し、提携関係にあったことが観測の根拠だが、それは画餅だった。イオンは2018年12月、三菱商事との提携解消を発表、ローソンとミニストップをつなぐ線は極めて細くなった。提携解消の理由の一説には、三菱商事がイオンへの追加出資を迫ったからといわれている。

 総合商社でトップに君臨する三菱商事としては、傘下の食品卸の三菱食品と並んでコンシューマー産業グループの中核となっているローソンが、伊藤忠商事傘下のファミリーマートに後塵を拝している今の立ち位置は面白からぬ事態である。

ポプラ、スリーエフ統合は時間の問題?

 そこで巷間言われ始めているのが、ローソンが相次いで資本参加してきたポプラ(広島県)、スリーエフ(神奈川県)といったコンビニ下位グループの取り込みである。

 481店(20年1月時点)のポプラ、約350店のスリーエフを合わせると、ローソンの国内総店舗数は約1万5500店に達し、ファミリーマートの1万6500店に肩を並べる規模になる。実現は時間の問題、というのが大方の予想だ。

 「すでに出店競争の時代ではない」と大手コンビニの役員は話すが、「売上がすべてを癒す」とばかりに、菱食や明治屋商事などを統合して三菱食品を誕生させたように、三菱商事としては、規模の拡大が拠り所だ。

 しかし、いくら取り込んでも下位グループのコンビニ企業が立ち直り収益に貢献するかどうかは未知数だ。ファミリーマートのように、看板から運営の仕組みまでガラリと変えてしまえば、ポプラ・スリーエフの店舗収益の底上げを図ることはできるだろう。だが、コンビニにコンビニをプラスするだけでは、「コンビニの枠組み」から脱出できない。

次ページは
次の照準は……
1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media