ローソン、学童保育施設におにぎり3万個を無償で提供、昼食用として支援

2020/03/03 10:48
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ローソンロゴ
提供するのは、シーチキンマヨネーズ、おかか、鮭、日高昆布などのおにぎりで、各施設の要望に合わせて1人2個まで、1施設当たり最大200個をローソン社員または配送会社が届ける。写真はロイター

 ローソンは3月2日、学童保育施設におにぎり3万個を無償提供すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で政府が小中高校の休校を要請したため、学童保育施設での児童受け入れ増加が予想される。このため、ローソンでは昼食支援としておにぎりを無償で提供することを決めた。

 提供するのは、シーチキンマヨネーズ、おかか、鮭、日高昆布などのおにぎりで、各施設の要望に合わせて1人2個まで、1施設当たり最大200個をローソン社員または配送会社が届ける。

 届け日は、3月10日(火)、17日(火)、24日(火)で、1日当たり合計1万個を届ける。施設からの申し込みは、届け日の前週の水曜日までにメールで受け付ける。原則は先着順で、届けられない地域も一部ある。

 また、休校にともなって学校給食での牛乳の提供がなくなり、生乳生産者などが打撃を受けることが見込まれる。そこでローソンは生乳の消費量を増やす目的で3月9日から20日まで、国内の生乳を使用しているマチカフェの「ホットミルク」を半額の65円(税込み)で、「カフェラテM」を30円引きの120円で販売する。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media