カインズ RaaSの「ベータ」と提携

2020/02/05 16:41
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

カインズ外観
カインズは1月30日、RaaS(リテール・アズ・ア・サービス)のパイオニアであるb8ta Japan(ベータ・ジャパン)と提携すると発表した。

 カインズは1月30日、RaaS(リテール・アズ・ア・サービス)のパイオニアであるb8ta Japan(ベータ・ジャパン)と提携すると発表した。

 米国のベータ社は、2015年に創業し、「サービスとしての小売(RaaS)」と呼ばれるソリューションを提供。2020年1月現在、米国内24店舗、ドバイに1店舗を構え、店舗内の区画を様々なブランドに定額で提案している。

 実店舗への出品を、オンライン広告を掲載するのと同じくらい手軽にし、消費者に革新的な商品を発見、体験、購入できる場をサポートしている。
カインズは、2019年度からスタートさせた中期経営計画にデジタル戦略を据え、「ストレスフリー」「パーソナライズ」「エモーショナル」な買物体験施策の導入を進めている。

 ベータ・ジャパンと共同することにより、PB商品をはじめ、NB商品、ベンチャー企業の開発品なども幅広く展示し、商品開発やマーケティングにも役立つ場となるように、行動分析テクノロジーの活用も検討していく。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media