しまむら、鈴木取締役が社長に就任、北島社長は代表権のない会長に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

しまむら
衣料品専門店大手のしまむらは1月27日、取締役執行役員企画室長の鈴木誠氏(54歳)が2月21日付けで代表取締役社長に就任する人事を発表した。

 衣料品専門店大手のしまむらは1月27日、取締役執行役員企画室長の鈴木誠氏(54歳)が2月21日付けで代表取締役社長に就任する人事を発表した。現社長の北島常好氏(61歳)は代表権のない取締役会長に就く。

 北島氏は2018年2月に社長に就任したが、しまむらの19年2月期決算は2期連続で減収減益となり、20年2月期の連結業績についても19年12月に大幅に下方修正するなど販売不振が続いている。社長の若返りで、業績の立て直しを図る。

 鈴木氏は日本大学を卒業後、1989年にしまむらに入社。物流部門やシステム部門を長く担当し、2015年執行役員、18年に企画室長、19年5月取締役執行役員となった。

 また、しまむらは2月21日付けでEC事業部を新設することを発表した。取締役執行役員の齋藤剛樹氏(49歳)が、システム部、物流部、貿易部と共にEC事業部を統括する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media