バローHD、ナノコネクトと資本業務提携、AIによる店舗業務の効率化など

2020/01/21 09:55
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

バロー
バローHDはナノコネクトが提供するAI(人工知能)サービスの導入により店舗内のコスト削減や業務効率化を図るほか、システム構築においてナノコネクトの支援を受ける。

 スマートフォンアプリやクラウドシステムなどの開発を手がけるナノコネクト(神戸市)は1月20日、同日付けでバローホールディングス(HD、岐阜県多治見市)と資本業務提携したと発表した。

 バローHDはナノコネクトが提供するAI(人工知能)サービスの導入により店舗内のコスト削減や業務効率化を図るほか、システム構築においてナノコネクトの支援を受ける。また、両社が協業して新しいAIサービスの開発・販売を目指す。

 ナノコネクトは2006年の設立で、AIを活用した業務自動化などのAI事業、ゲームの要素をマーケティング活動などに応用するゲーミフィケーション事業、システム開発事業などを展開している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media