JR東日本スタートアップ、新幹線で鮮魚を輸送、品川駅構内で販売

2020/01/15 13:08
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

JR東日本スタートアップ、新幹線で鮮魚を輸送、品川駅構内で販売
「エキュート品川」内の鮮魚店「サカナバッカ」で毎週金曜日に販売する

 JR東日本子会社のJR東日本スタートアップ(東京都新宿区)と水産物・青果の卸・小売りを手がけるフーディソン(東京都中央区)は1月17日から、新幹線で輸送した鮮魚の販売を始める。

 新潟港で水揚げされた鮮魚を上越新幹線を使って東京都内に輸送。品川駅構内でフーディソンが運営する鮮魚店「sakana bacca(サカナバッカ)エキュート品川店」で、毎週金曜日に販売する。

 新潟港で朝に競りにかけられたエビやイシモチ、ハタハタ、ノドグロなどの鮮魚を、新潟駅10時17分発の「MAXとき316号」で東京駅まで運び、午後2時30分ごろに店舗に届ける。3月27日まで計11回の販売を予定する。

 JR東日本スタートアップはベンチャー企業への出資や協業を手がけるコーポレートベンチャーキャピタルで、フーディソンにも出資している。フーディソンは2018年、品川駅で鮮魚の事前予約と受け取りができる期間限定のポップアップショップを設置。19年4月に駅ナカ商業施設「エキュート品川」に鮮魚店を出店した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media