高い能力を持ったスタッフを辞めさせないための3ステップ

2020/01/10 05:55
成田直人

こんにちは、成田直人です。前回は、優秀なスタッフが辞めたくなる組織、辞めたくならない組織について理解していただきました。今回は優秀なスタッフが辞めないための店を作るための3ステップについて解説していきます。

Photo by kokouu
Photo by kokouu

ステップ① 現在の仕事ぶりを可視化する

 まずは一番重要なことから始めましょう。最初にするべきことは、「あなた(店長)がどれだけ現場スタッフのことに関心を持っているか」をきっちりと伝えることです。「いつもありがとう!」だけでは漠然としているので、当該スタッフがどれだけ自店舗に欠かせないのか?、を行動レベルでフィードバックをすることが重要です。具体的な取り組み方は、その人の日々の仕事ぶりを箇条書きで書き出すことです。

 これを1日のワークフローにすると良いでしょう。例えば、

9時から10時 入荷検品
10時から11時 オープン準備

 とこんな風に書き出します。しかし、ここまでなら正直、誰でもできるのです。というか本人にかいてもらえば良いという話になってしまいます。ここで一つ工夫を加えることでスタッフのモチベーションは一気に高まります。それは、他のスタッフとどれだけ生産性が違うのかを赤ペンでフィードバックをするのです。

9時から10時 入荷検品(他スタッフの3倍スピードでこなすあたり、さすがの一言!)
10時から11時 オープン準備(○○さんが出社してくれることで朝の時間で一切ストレスを感じない。完璧な指示出しと時間の読みは脱帽レベル!)

と、ただのフィードバックではなくあなたから見た該当スタッフの凄みを挿入することで受け手は「ここまで見てくれているんだな」と充足感が体中に巡ります。見ていることはきっちりと見ているよ!とどういう形であればフィードバックすることが大切です。

                     

ステップ② 貢献に最大限の賛辞を送る(勤続年数褒賞など)

 これは当社クライアントでよく取り組む表彰式の一例です。どれだけ貢献してくれているのかの一つの指標に勤続年数があります。やはり入社したてのアルバイトよりも100倍(言い過ぎか・・・)以上、同じ1日でも高い生産性を示してくれるのが古株スタッフです。できれば表彰式という形(賞状とプレゼント)で実施をすると効果絶大です。

 「今の若い世代は表彰されたところで・・・」、と思うモノですが古株スタッフの多くは年齢を重ねている上、今まで会社から特別認められた功績がないためうれし涙を流す人や自宅に額に入れて飾る方もでてくるほど感動を生みます。ここまででもう理解されているかもしれませんが、古株スタッフを離職させないために一番必要なことは、承認尊重、そして賞賛3つなのです。この3つが欠けることで、「私は必要とされていない」と疎外感を感じるものなのです。失ってからでは遅いので、この3つをテーマに優秀なスタッフのモチベーションを上げていきましょう。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media