第4回 生協の強みを生かす!北海道におけるSDGs推進の旗振り役に=コープさっぽろ

2019/12/23 09:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

小売業のSDGs

2016年に創立50周年を迎えた生活協同組合コープさっぽろは、「次の50年の安心と革新を築く」をスローガンに、行政や関係団体と連携して地域の課題解決に取り組んでいる。北海道に暮らす人と人をつなぐ役割を担いながら、生協ならではの強みを生かして持続可能な社会の実現に貢献している。

宅配システムを活用して地域の課題解決を

コープ
コープさっぽろは行政や関係団体と連携してSDGsに対応している

 そもそも生協は1997年に「自立した市民の共同の力で 人間らしいくらしの創造と持続可能な社会の実現を」という内容の「生協の21世紀理念」を策定しており、SDGsに対応した事業・活動にいち早く取り組んできた。北海道全域を活動エリアとする生活協同組合コープさっぽろ(以下、コープさっぽろ)も例外ではなく、北海道が抱える課題の解決とより良い暮らしの実現に向けて推進している。

 その代表例として真っ先に挙げられるのが、コープ宅配システム「トドック」だ。全道179市町村の登録者37万人超の世帯に、玄関先まで訪問して商品を届けている。店舗の少ない地域でも安心して買物ができるシステムだ。トドックの地域担当者は毎週決まった曜日・時間に組合員宅を訪問することから、現在では高齢者が暮らす世帯には見守りの役割も担っている。緊急時にスムーズな連絡ができるように、各市町村と「高齢者見守り協定」を締結。その数は9割を超えている。

左:地域住民の交流の場となっているトドックステーション
右:「北海道SDGs推進プラットフォーム」によるSDGs研究会。10月に開催された初回には、108団体260名が参加

 2016年からはトドックの宅配センターや店舗の一角に「トドックステーション」と呼ばれるコミュニティスペースを設置。組合員に限らず、地域住民が互いに交流できる場を提供している。乳幼児が楽しめるおもちゃなども用意してあることから、いわゆる「ワンオペ育児」で悩む母親たちから好評だ。コープさっぽろでは単にスペースを提供するだけでなく、フリーマーケットや本の読み聞かせ、料理教室なども開催し、より利用しやすい環境づくりを進めている。現在、道内に17カ所オープンしているが、クチコミで人気となっており、今後エリアを拡大して増設していく。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media