ワークマン発!ホームセンターで盛り上がるワークウエア市場

2019/11/29 06:00
高浦佑介(『ダイヤモンド・ホームセンター』誌副編集長)

最近、ホームセンター業界ではワークウエアブームが起きている。ホームセンター大手を中心に、ワークウエア売場を拡大し、売上も順調に伸ばしている。とくに人気なのが、機能性だけでなく、デザイン性にもこだわった、カジュアルなワークウエアだ。ワークマン(群馬県/小濱英之社長)が一般消費者に火をつけたワークウエア市場を獲るために、各社はどのように取り組んでいるのか。

カラビナ
HC各社はワークウエアを強化している

「メルカリが伸びてきたとき、ヤフーオークションも伸びた。まさに、メルカリはC to C市場を新しく創った」と、メルカリ元CIOの長谷川秀樹氏は語った。

 これと似た現象がワークウエア市場でも起こっている。

 この1年で、ワークウエア専門チェーンのワークマンは「一般消費者向けのワークウエア市場」というものを新たに創った。これまで機能性と価格を武器に、プロ向けのワークウエアショップを展開してきたが、デザイン性も加え、一般消費者もターゲットにした新業態「ワークマンプラス」を出店。ねらいどおり、客数を大幅に増やすことに成功し、既存店売上高も2ケタ以上伸ばしている。

 このワークマンが火をつけたワークウエアブームがホームセンター業界にも波及し始めているのだ。ここでは、写真を交えて、最近のホームセンター各社の取り組みを紹介する。

 まず、ワークマンと同様、ベイシアグループのカインズ(埼玉県/高家正行社長)。今年10月には、ジーンズブランドの「エドウィン」とコラボしたオリジナルのワークウエアを新発売。同月オープンした「カインズ浜松市野店」では、ワークウエア売場だけでなく、店舗入口の目立つ位置に、デジタルサイネージを使ってコーナーを設けている。

EDW
エドウィンとコラボした、カインズオリジナルのワークウエア

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media