日本KFC、フードバンクに調理済みのチキンを寄贈、横浜市で

2019/11/21 13:32
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

日本KFC、フードバンクに調理済みのチキンを寄贈、横浜市で
「オリジナルチキン」などを冷凍物流し、食材として活用してもらう

 日本KFCホールディングス傘下の日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は11月から、調理済みのチキンをフードバンクに寄贈する取り組みを始めた。全国展開する外食企業でこうした取り組みを行うのは、日本KFCが初めて。

 NPO法人のフードバンク横浜(横浜市)を通じて、市内のこども食堂などに店舗で売れ残った「オリジナルチキン」と「骨なしケンタッキー」を寄贈する。KFC伊勢佐木町店から始め、他店にも広げていく予定。

 フードバンク横浜とこども食堂などでは、冷凍物流・冷凍管理したうえで、調理済みチキンの骨を外し、加熱調理することで食材として安全に利用する。

 今回の活動で構築した調理済み食品を提供する仕組みは、他の企業や自治体にも広く活用してもらうことを想定している。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media