成城石井に学ぶ! 食品ロスを減らすウマい商品提案

2019/11/22 05:49
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

 11月13日、成城石井(神奈川県/原昭彦社長)は、同日開業の複合施設「グランベリーパーク」(東京都町田市)に「成城石井南町田グランベリーパーク店」(以下、南町田グランベリーパーク店)を開店した。同店で新たに行っているのが、工場での商品の製造過程でどうしても生じてしまう不揃い品を商品化し販売する試みだ。廃棄ロスを削減しつつ、消費者にお買い得感を巧みに訴求している。

■成城石井が11月13日にオープンした「南町田グランベリーパーク店」
成城石井が11月13日にオープンした「南町田グランベリーパーク店」

コンセプトは
「南町田プレミアム」

 「グランベリーパーク」は、東急田園都市線「南町田グランペリーパーク」駅直結の複合商業施設で、成城石井の「南町田グランベリーパーク店」はその施設中央部にある、食の専門店を集積した「ギャザリングマーケット」内にオープンしている。
 実は、成城石井が総菜やデザートなどの商品を集中加工しているセントラルキッチンは、「南町田グランペリーパーク」駅から東へ約300mという至近に位置している。
 成城石井はこの利点を生かし、通常の品揃えに加えて、同店限定商品の提案に挑戦している。具体的には、商品コンセプトに「Minami-Machida PREMIUM(南町田プレミアム)」を掲げ、①「FRESH(新鮮)」、➁「BARGAIN(掘り出し物)」、③「LIMITED(限定)」という3つのキーワードの商品を販売している。

「南町田プレミアム」というコンセプトを打ち出し、「プレミアム感」や「お得感」を訴求。POPにも洗練されたデザインが採用されていて、一般的な食品スーパーの低価格を訴求するものとは一線を画している
「南町田プレミアム」というコンセプトを打ち出し、「プレミアム感」や「お得感」を訴求。POPには洗練されたデザインを採用している

 ①の「FRESH」では、セントラルキッチンで製造した商品を、短い配送距離で同店に届けられることから、鮮度の高さを訴求するとともに、商品の包装を簡易化してコストを低減し低価格を実現する。
たとえば、食パンカテゴリーで人気ナンバーワンの「成城石井自家製 パン職人のこだわり湯種食パン」を、1.5斤サイズで販売(399円:税抜、以下同)。通常はスライス5枚入りを355円で提供している商品だが、包装やスライス加工をしないことでお得な価格での販売を可能にしている。
 また、店頭にガラスのショーケースを設置しオリジナル総菜のコーナーを展開する。通常はパック売りしている商品だが、同店では量り売りにして容器のコストを削減するほか、価格を100g129円で統一してオペレーションを効率化。これらの工夫により通常よりも10~20%ほど低価格を実現している。

「成城石井自家製 パン職人のこだわり湯種食パン」。セントラルキッチンから焼きたてを店舗に運ぶ
「成城石井自家製 パン職人のこだわり湯種食パン」。セントラルキッチンから焼きたてを店舗に運ぶ
ショーケースを設置し展開するオリジナル総菜の量り売りコーナー
ショーケースを設置し展開するオリジナル総菜の量り売りコーナー

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media