プレナスが弁当宅配を20年2月末までに500店舗に、ウーバーイーツなど出前代行サービスと連携

2019/11/18 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ウーバーイーツ
gettyimages/ablokhin

 持ち帰り弁当の「Hotto Motto(ほっともっと)」を運営するプレナスは11月14日、弁当の宅配に対応する店舗を2020年末までに500店舗に増やすと発表した。出前代行の「ウーバーイーツ」や「出前館」と連携して、年々拡大している食品宅配市場のニーズを取り込む。

 同社はウーバーイーツ、出前館の店舗を徐々に拡大しており、11月末には100店舗に達する見通し。早期に500店舗にまで広げたうえで、20年3月以降も順次、対応店舗を増やしていく。

 利用者がウーバーイーツや出前館のウェブサイトやスマートフォンアプリで弁当を注文すると、専門の配達員がほっともっとの店舗で弁当を受け取り、利用者に届ける。

 ほっともっとの店舗数は10月末現在で2534店舗となっている。

 

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media