アリババ現地レポート2 ニューリテール戦略で息を吹き返した”眠らない”百貨店

2019/11/25 05:55
菊谷信宏(GloTech Trends 編集長)

前回はアリババのテクノロジー・カンファレンス「雲栖大会」の概要やコンセプトについて簡単に解説した。ここからは、同大会で経営陣から語られた具体的な事例や見方についてレポートしていく。小売業関係者向けに開催された「ニューリテールサミット(雲栖大会新零售生态峰会)」で明らかにされた、アリババグループの百貨店「銀泰百貨」のニューリテール戦略の成功事例について解説する。 

ニューリテール戦略で「眠らないデパート」が誕生!?

銀泰百貨の陳CEO
銀泰百貨の陳CEO

 ニューリテールサミットに登壇した銀泰百貨の陳暁東(チャン・シャオドン)CEOは、「銀泰百貨は世界初に眠らないデパートになった」という印象的なフレーズを用いて、ニューリテール戦略が百貨店ビジネスにも成功をもたらしたことを参加者にアピールした。

 まず、銀泰百貨が進めるニューリテール戦略について詳しく説明しておこう。同社はOMO(Online Merger Offline:オンラインとオフラインの融合)を加速させるため、独自に「喵街(ミャオジェー)」というアプリを開発。リアル店舗だけでなく、オンラインからも商品の注文を迅速に行える仕組みを構築した。このアプリを使えばいつでもどこでも銀泰百貨の商品を注文できるのはもちろん、店内で買物する際にも、重くて持ち帰れない商品はアプリ上で注文し配達してもらうといったことも可能だ。

 ちなみに銀泰百貨は、店舗閉店後の夜10時以降が最もアプリが活用される時間帯だと明らかにしている。こうした現象を受け、陳CEOは「銀泰百貨は世界初の眠らないデパートになった」という言葉を残したのである。ちなみに、中国の百貨店業界の動向をレポートした「2018年中国百貨店発展報告」では、調査対象企業90社のうち対前年比42%が減収となっており、日本同様に中国でも百貨店の市場は縮小傾向にある。しかし、そんななかで銀泰百貨は同37%もの増収を記録しており、アプリ導入をベースとしたニューリテール戦略が功を奏していると言えるだろう。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media