カインズ、「DIYer100万人プロジェクト」をスタート!年間 100 万人を目指す

2019/11/14 08:38
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

カインズ
カインズのビジョンに賛同する5社(ウォルト・ディズニー・ジャパン、スリーエム ジャパン、ダイドーハント、髙儀、ニッペホームプロダクツ)をパートナー企業とする。

 カインズは、日本にDIY文化を定着させ、より自分らしく豊かなくらしを実現することを目指す「DIYer100万人プロジェクト」を、この11月よりスタートした。5年後の2024年までに、ワークショップ参加者やCAINZ工房の利用者、特定の商品の購入者など、 DIYと接点を持つ「DIYer」の人数を、年間100万人以上にすることを目指す。

 同時に、ワークショップの拡充も図る。具体的には、シリーズでコーディネートを楽しめるメニューを導入し、単品だけのDIY ではなく、作品を1つまた1つとプラスしていくことで、自分らしい愛着のある部屋づくりを提案する。たとえば、キッチンシリーズでは、スパイストレー → 引き戸付き収納棚 → キッチン収納棚、と回数を重ねるごとに作品難度とともに DIYスキルが向上するステップアップ型のメニューを導入や、ペットやグリーン、アウトドアなど、様々なライフスタイルシーンにマッチする作品を提案する。

 またプロジェクト始動に際し、DIYを文化にするというカインズのビジョンに賛同する5社(ウォルト・ディズニー・ジャパン、スリーエム ジャパン、ダイドーハント、髙儀、ニッペホームプロダクツ)をパートナー企業とした。各社が持つDIYの専門性と、カインズの提案、それぞれの強みを活かしてアイディアを出し合い、ワークショップやサービスを拡充しDIY文化の定着を目指す。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media