P&G、海洋プラの再生ボトル採用、台所用洗剤「ジョイ」で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

P&G
ボトル原料の約25%に国内で回収された海洋プラスチックごみを再利用。

 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)・ジャパンは、海洋プラスチックごみを再生し、ボトルの原料として採用した台所用洗剤「JOY Ocean Plastic(ジョイ・オーシャン・プラスチック)」を11月上旬から発売する。

 ボトル原料のうち約25%に日本国内の海岸で回収されたプラスチックごみを再利用した。今回、55万本を発売する。P&Gでは、すでに欧州と米国で台所用洗剤やヘアケア製品の容器に海洋プラスチック再生素材を使用しているが、アジアでは日本が初めて。

 「ジョイ・オーシャン・プラスチック」の中身は、「ジョイコンパクト モルディブウォーターの香り」と同じ。イオンやイトーヨーカ堂、ライフコーポレーションなどP&Gの取り組みに賛同した小売業の店舗で取り扱う。

 世界の海に流入するプラスチックごみの量は毎年800万トン以上にのぼるといわれており、2050年にはその総重量が魚の総重量を超えるとの予測もある。海洋プラスチックごみの発生源はアジアに集中しており、日本でも深刻な問題となっている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media