パート・アルバイトを短期間で即戦力にするためのトレーニング術

2019/11/04 06:47
成田直人

こんにちは、成田直人です。前回、パート・アルバイトを効果的にトレーニングする上で欠かせない、“教え方”について解説しました。今回はその続きで、パート・アルバイトを短期間で即戦力にするための具体的なトレーニング術を解説していきます。

Photo by FG Trade

POPづくりも 具体的に教える

 では、教え方をマスターしたところで、具体的なトレーニング術について解説していきます。

 ここでは、店内で販促を展開する場合はどうしたらいいのかをお教えしましょう。接客に時間が割けない業態は、できる限り店内のPOPやレイアウトなどを使って、お客さまの購買欲求をつくり出すことが求められます。「できれば接客をしなくても商品を次から次へとカゴにいれてくれたら嬉しい!」というのが本音でしょう。人数が少ない中働いているからこそ、特に販促物の力は大きいものです。

 販促物を作るのもスタッフの仕事です。どうやって作り方を教えればいいのでしょうか?

 そのコツは、何をどうしたらいいのか?を具体的に教える、です。

 例えばPOPを作る場合もある程度セオリーが決まっています。

 一番大事なのは、キャッチコピーです。キャッチコピーとは見た瞬間に「おやっ!」とさせることが目的です。このコピーはPOPの用紙の半分近くを占めます。入浴剤をテーマにコピーの一例を挙げると、「100種類以上の入浴剤を試した私がおススメするナンバーワン入浴剤!」などです。これを読むと、「いったいどんな入浴剤なんだ!?」と気を引くことができます。そして、次に成分や機能が生み出すメリットを書き出すのです。「コラーゲン(成分)→お肌プルプル!」や、「長年悩んでいたお肌の悩みを解決!」というように、どんなメリットがあるのか、悩みを解決してくれるのかを明確に提示することが大切です。

 教えられる側も、このように具体的に枠組みを与えられた方が作りやすいですよね。

 曖昧で従業員を困惑させる教え方が、「お客さまが欲しくなるようなPOPを作ってみて」といってしまうパターンです。従業員は「そんなのわからないです・・・」と言いたくなるのですが、上司なので言えない。結局、要領を得ないまま、「がんばって作ってみます」と作るのですが効果は全くなし、というのはよくある話です。ぜひこの2点の具体的トレーニングを試してみてください。必ず、スタッフ教育によって、成長度と時間効率が上がることをお約束します。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media