セブンイレブン、「セブンカフェ」用ストローを環境配慮素材に切り替え

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

セブンカフェ用ストロー
生分解性素材のストロー(写真)または紙製ストローを全店に導入する

 セブン-イレブン・ジャパンは、カウンターコーヒー「セブンカフェ」用のストローを環境配慮型の素材に切り替え、11月5日から全国のセブン-イレブン約2万1000店に順次導入する。

 同社では今年8月から高知県内の店舗で、カネカが開発した生分解性素材を使ったストローをセブンカフェ用に試験導入していた。この生分解性素材のストローを北海道、北陸、関西、中部、四国、九州、沖縄の約1万店舗で導入する。

 首都圏と関東近郊および東北の約1万1000店舗については、FSC(森林管理協議会)認証を取得した紙製ストローに切り替える。これにより、セブン-イレブン全店において、石油由来のプラスチック製ストローの配布量を削減する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media