スタッフのモチベーションを 高め続けるためのコミュニケーション術!

2019/10/07 05:52
成田直人

こんにちは、成田直人です。今回は、客単価を効果的に上げるために必要な、トレーニング実施時のモチベーションや知識習得意欲を創り出す方法についての後半をお届けします(前半はコチラ)。

Photo by izusek
Photo by izusek

承認・尊重をスタッフに示すための
5つのコミュニケーションメソッド

 前回、上司と部下のコミュニケーションに関して、指示中心のコミュニケーションから尊重と承認をベースとしたコミュニケーションへと変えることの重要性を説明しました。「これしといて!」から「これ、してもらっていい?」でしたね。いずれにせよスタッフに選択の余地はないのですが、「!」を「?」に変えるだけで、本人の仕事に対する取り組み姿勢が大きく変わるんでしたよね。

 では、店長は強い姿勢を示すのではなく、柔軟な姿勢を示すことが重要となるなか、どうやってコミュニケーションをとれば良いのでしょうか?これから説明する5つのコミュニケーションルールを徹底していきましょう。

①「!(命令)」を「?(依頼)」に変える
②呼び捨て禁止
③依頼したことを取り組んでくれたら必ず「ありがとう」を伝える
④退勤時は「今日もありがとう!お疲れ様!」と添える
⑤仕事している姿を見て「いつも助かっています」と感謝する

 誰だって認められたいし、褒められたいと思っています。時給だけでは満たされないものがあることを理解してコミュニケーションを取る覚悟を決めましょう。店は売上を上げて黒字にしなければ潰れてしまいます。そして、大部分はアルバイト・パートさんの働きぶりがカギとなります。今までは採用候補が沢山いた時代は「文句があるなら辞めてくれてもよい」というスタンスだったと思うのですが、今はいかに本人が気持ちよく働けるかに集中することが店長として大切な姿勢です。

 働かせてあげているのではなく、働いてもらっている、という感謝を土台にしてこれからはコミュニケーションを取るようにしていきましょう。

次のページは
モチベーションを引き出すコツは、スタッフにチャレンジさせること!

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media