パート・アルバイトがわがままになっている理由と、やる気にするコミュニケーション術

2019/10/03 05:25
成田直人

こんにちは、成田直人です。前回は客単価を上げることの重要性についてお話をしました。今回は、客単価を効果的に上げるために必要なトレーニング実施時のモチベーションや知識習得意欲を創り出す方法について2回にわけて解説していきます。

Photo by fizkes
Photo by fizkes

アルバイト・パートのモチベーションはこう創る!

 モチベーションという言葉は人材育成に欠かせない言葉です。しかし、言葉は知っていても「どうしたらスタッフのモチベーションが上がるのか?」という問いに明確に答えられる人は少ないように感じます。

 ましてや小売・サービス・飲食業は営業成績次第で給与が上がるような業態ではないため、評価・賞与によるモチベーションアップがはかりにくいもの。モチベーションに関する専門書の多くが、アルバイトやパートを対象にした内容ではなく正社員が中心。そのためそのままノウハウを適用することができません。

 そこで今回はアルバイト・パートの接客意欲(客単価向上)、スキル習得(自学自習)を自らの意思で行うモチベーションを創るための方法をお伝えします。

 いちばん大切なキーワードは「内発的動機付け」です。

 一般的に動機付けは「外発的動機付け」と言われています。これは、外部から評価・褒賞、つまりご褒美を与えることでモチベーションを上げる手法です。

 では内発的動機付けとは?

 これは、本人自らが「やりたい!」と意欲を示し、高いモチベーションを生み出す手法なのです。他者ではなく、自主的にモチベーションを上げるのが特徴です。

 「いや~うちのスタッフはお金を稼ぎに来ているだけで、モチベーションを上げるなんて不可能だよ」と思うかもしれません。私自身もこれまで数え切れないほどこの質問を受けてきました。そして、毎回同じ回答をしています。

 「まず、管理者であるあなたがスタッフに“この人はお金を稼ぎに来ているだけ”とラベリングするとその通りになるので、剥がしてください」

 このようにまずは管理者の思い込みを捨て去るのです。

 その上で、「当社のスタッフは全員もっと組織にもお客さまにも貢献したい!」と考えていると思ってコミュニケーションするよう伝えています。アルバイトとパートに対する諦めが、現場力をより弱めてしまっていると、数多くのクライアントと接していて私が実感していることです。まずは、ネガティブなラベルをポジティブなラベルに張り替えること、が肝要なのです。

次のページは
指示を中心としたコミュニケーションはもう、時代遅れ!

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media