イオン、ポイント5倍や商品増量など、増税後の消費意欲喚起

2019/10/01 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

イオン岡山青江

 イオンは消費増税後に節約意識が高まることを見据え、グループ各社で消費意欲を喚起するための対策を実施する。

 総合スーパーの「イオン」「イオンスタイル」では、イオンカードや電子マネー「WAON」で衣料品や日用消耗品などを購入した場合、通常の5倍のポイントを還元する。期間は10月1日から31日まで。また、プライベートブランド「トップバリュ」を中心に食品や生活用品で増量商品を展開する。

 グループ各社は先行して増税後の対策を発表しており、イオンモールでは全国139のショッピングセンター内のレストランやフードコートなどで飲食した人を対象にWAONポイントを通常の5倍還元。イオン九州やマルエツ、カスミは食料品や日用品で値下げ販売する商品を増やす。また、ダイエーは公式アプリをダウンロードした人を対象にほとんどの商品が3%引きになるキャンペーンを10月末まで行う。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media