今なお輝く流通金言録その1 コンビニの父が残した言葉

2019/09/26 05:00
森田俊一(流通ジャーナリスト)

「セブン-イレブンは1万店あろうが、2万店あろうが、決して同じ顔であってはならない」――。コンビニの父こと、鈴木敏文セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問は、セブン-イレブンが1万店を突破した際にそのように述べた。今の流通業界でも通用する普遍性のある金言である。だが、現在のセブン-イレブンは果たしてこの言葉を具現化できているのだろうか。

鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス社長が母校の上田東高校に寄贈した「変化対応」の石碑。セブン-イレブンの成長を支えたキーワードだ(長野県上田市)
鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス社長が母校の上田東高校に寄贈した「変化対応」の石碑。セブン-イレブンの成長を支えたキーワードだ(長野県上田市)

16年前の新聞広告に書かれた言葉

 今から遡ること16年前の2003年。セブン-イレブン・ジャパン(東京都)は「1万店突破、創業30周年」と題した記念広告を新聞紙上に掲載した。その広告にはこう書かかれている。

 「人が欲しいものは地域によっても、季節によっても、時間によっても違います。そのすべてのニーズに応えるため、私たちはお店ごとにサービスや品ぞろえを変え、新商品開発に取り組んでいます」

 広告にはイラストで複数のセブン-イレブン店舗が描かれ、それぞれの店舗に注釈がついている。

 「明日は寒くなりそうだから使い捨てカイロを多く仕入れておかなくては」

 「うちの店の近くはお年寄りが多いから〇〇しないと」

 イラスト内、観光地にある店舗やスタジアムの近くにある店舗にも、同じようにニーズに対応した商品やサービスを展開するコメントがついている。地域性や季節性に配慮した品揃えを行う必要性がさりげなく書かれているのだ。

 鈴木名誉顧問は事あるごとに、「飽和とは同質化の結果。変化に対応し、差別化、差異化できていれば同質化はしない」という持論を述べてきた。30周年の広告は、まさに鈴木氏の持論をそのまま文章にした内容だったといえよう。

 日本フランチャイズチェーン協会によると、コンビニエンスストアの国内店舗数は現在約5万8000店。18年の売上高(既存店ベース)は対前年比0.6%増と微増にとどまり、低成長期に突入した指摘されている。消費者からすれば、「どこのコンビニに行っても品揃えは変わらない」というのが大方の見方であろう。

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media