増税後に伸びる「内食需要」を取り込むための、イオンの差別化戦略とは?

2019/09/25 05:00
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

イオン(千葉県/岡田元也社長)は9月、「イオン葛西店」(東京都江戸川区)4階のイベントスペースで「イオン 増税前 内食向け新商品発表会」を開催した。冷凍ミールキットやチルド総菜など、10月からの消費増税および軽減税率の導入により「内食」の需要が高まると想定されるなか、簡便商品のラインアップを拡大させる。

イオンは9月18日から「トップバリュ フローズンCooKit」の新商品6種類の販売を開始した
イオンは9月18日から「トップバリュ フローズンCooKit」の新商品6種類の販売を開始した

冷凍ミールキットの新商品を発売

 イオンが今回商品数を拡大するのは、同社のプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の冷凍ミールキットシリーズ「トップバリュ フローズンCooKit」(以下、フローズンクッキット)だ。電子レンジで半解凍した後、フライパンで炒め、同封されている調味液で味付けするだけで完成する。水や油、調味料などを追加で用意する必要はなく、1パックで味付けまで完了するオールインワン型の商品となっている。

 イオンのミールキットは、チルドタイプの「トップバリュ CooKit」(以下、クッキット)として20183月に発売を開始。チルドタイプのミールキットは新鮮な野菜を含んだ商品が多いが、消費期限が12日と短いという課題があった。

 そこで開発されたのが、冷凍することによって保存性を高めたフローズンクッキットだ。194月に6種類の販売を開始したところ、利用者からは「冷凍庫にストックできて便利」「食材を無駄にせず使い切ることができる」「手間もかからず味も本格的」と好意的な意見が出ているという。

イオントップバリュの和田浩二マーケティング本部長
イオントップバリュの和田浩二マーケティング本部長

 開発を行ったイオントップバリュ(千葉県/柴田英二社長)の和田浩二マーケティング本部長は「チルドタイプは3040代の有職主婦が購入することが多かったが、フローズンタイプは60代のシニア層にも支持を得ている。また、フローズンは土日の売上が高く、備蓄のためのまとめ買い効果もみられた」と話した。

フローズンクッキットの新商品「親子煮」。卵を使用せず、付属の卵液で作ることができる
フローズンクッキットの新商品「親子煮」。卵を使用せず、付属の卵液で作ることができる

 手応えを得たことからイオンは今回、フローズンクッキットで6種類の新商品を投入。そのなかでも注目したいのは「親子煮」(470g、約2人前、798円、以下税込)だ。添付の卵液を使用するため、卵を用意する必要はない。また、「白身魚の竜田揚げと花野菜のバジル炒め」や「白身魚と野菜の甘酢あんかけ」(いずれも470g、約2人前、798円)などの魚を中心とした商品を導入した。

 現在、チルドタイプのクッキットはイオン系列の総合スーパー、食品スーパーの約300店舗、フローズンクッキットは約1800店舗に導入している。チルドタイプの導入店舗数が少ないことに対して、和田本部長は「チルドタイプは廃棄ロスの問題が大きく、適正な売場面積や価格設定についてはまだ検証が必要だ。店舗数を急激に増やすよりは、持続可能なモデルづくりを優先して追求したい」と話した。

次のページは
イオンの商品政策における差別化戦略とは?

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media