マクドナルド、増税後も店内飲食と持ち帰りを同一価格に、税込価格で統一

2019/09/12 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

マクドナルド

 日本マクドナルドは消費税率が引き上げられる10月以降も、店内飲食と持ち帰りを同一価格とする。価格表示はこれまで通り税込価格で統一する。税込みで同一価格とすることで消費者の混乱を避ける。

 約3割の品目で価格を引き上げ、残りの約7割は価格を据え置く。全体の加重平均では税別価格が現状の水準となるよう調整する。ハンバーガーは税込みで100円から110円に、チーズバーガーは130円から140円に引き上げるが、ビックマックやドリンク類などは価格を据え置く。

 10月以降は店内飲食では10%、持ち帰りの場合は8%の軽減税率が適用されるが、企業によって対応が分かれている。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media