イオングループが「イヴ・ロシェ」ブランドを独占販売 ナチュラル&オーガニックコスメ市場は拡大するか

2019/09/12 05:21
小木田泰弘(『ダイヤモンド・ドラッグストア』編集・記者)

オン(千葉県)はフランスのナチュラル&オーガニックコスメ「YVES ROCHE(イヴ・ロシェ)」ブランドを2019年11月中旬から日本で独占販売する。それに伴い連結子会社のウエルシアホールディングス(東京都:以下、ウエルシアHD)と合同出資会社イオンレーヴコスメ(千葉県)を設立した。2025年には合計2000店舗で「イヴ・ロシェ」ブランドを販売する計画だ。

「イヴ・ロシェ」ブランドは、フランス発の“ナチュラルプチプラコスメ”だ
「イヴ・ロシェ」ブランドは、フランス発の“ナチュラルプチプラコスメ”だ

フランス発、“ナチュラルプチプラコスメ”

 イオンが11月中旬から独占販売する「イヴ・ロシェ」ブランドは、フランス発の“ナチュラルプチプラコスメ”だ。

 1959年にフランス北西部、ブルターニュ地方の村ラ・ガシリで誕生。天然由来の原料を使用した高品質な商品づくりが消費者から支持され、現在は100の国・地域で販売されている。ヘアケアやボディケア、スキンケア、フレグランスなどラインアップは1000SKU以上。創業から60年でフランスのコスメ市場の5%のシェアを握るまで成長した。

 「イヴ・ロシェ」ブランドの強みは何といっても価格だ。

  同じフランスの自然派コスメブランド「L’OCCITANE(ロクシタン)」のハンドクリーム(30ml)が1400円(本体価格:以下同じ)のところ、「イヴ・ロシェ」のハンドクリーム(30ml)は800円と約4割も安い。日本のナチュラル&オーガニック市場へのインパクトは大きい。

  イオンのヘルス&ウエルネス事業担当責任者の難波廣幸氏は次のように説明する。

  「日本の消費者のナチュラル&オーガニックコスメに対するイメージは、ポジティブなものだと『敏感肌にも安心なイメージ』『天然アロマでリラックス』などがある。半面、『価格が高いから続けられない』『買える店舗が少ない』といったネガティブなイメージもある。日本は世界第3位の化粧品大国の割には、ナチュラル&オーガニックコスメ市場が拡大しきれていないのが現状だ。世界のナチュラル&オーガニックコスメ市場の成長見通しは年平均9.4%だが、日本の同5%強とギャップがある。この要因の1つとして考えられるのは価格。それに売場(買場)が少ないというのが日本でナチュラル&オーガニックコスメ市場が拡大しきれていない大きな要因だと考えている」

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media