ローソン、「ウーバーイーツ」で商品宅配、都内の直営店で実証実験

2019/08/28 22:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ローソンウーバーイーツ
アプリで注文を受けた商品をウーバーイーツの配達員がローソン店舗から宅配する

 ローソンは8月29日、米ウーバーテクノロジーズの日本法人と提携し、食品宅配サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を活用した商品宅配の実証実験を始める。日本のコンビニエンスストアでウーバーイーツによる宅配を行うのはローソンが初めて。

 実験は「ゲートシティ大崎アトリウム店」(東京都品川区)などの4店舗で開始、9月末までに都内の直営店13店舗に広げる。ローソン店舗で販売する弁当やおにぎり、店内で調理した「からあげクン」などのファーストフードのほか、菓子、飲料など約100品目をウーバーイーツの専用アプリから注文できる。日本のウーバーイーツでは初めて、日用品も取り扱う。

 11月末まで実験を続け、店舗オペレーションや消費者ニーズなどを検証した上で、実施店舗の拡大を検討する。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media