アスクル独立役員会がヤフーのガバナンス無視を非難 ヤフーは社外取の再任も反対

2019/07/25 05:02
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

723日、オフィス用品の通販事業を展開するアスクル(東京都/岩田彰一郎社長)の独立役員会は記者会見を開き、昨今報じられている親会社のIT大手ヤフー(東京都/川邊健太郎社長)との対立についての見解を発表した。戸田一雄独立社外取締役は、ヤフーによる岩田社長退任要求を、上場企業のガバナンスを無視しているとして非難した。

ヤフーは取締役選任のプロセスを無視している 

アスクル独立役員会の戸田一雄独立社外取締役
アスクル独立役員会の戸田一雄独立社外取締役

 独立役員会は、アスクルの経営の透明性、公正性を高めるために組織された機関だ。独立性を有する社外取締役3人、社外監査役3人の合計6人で構成されており、取締役会からの依頼に応じて、事業やコーポレートガバナンスについての意見交換や議論、助言を行っている。記者会見には、元松下電器産業(現パナソニック)副社長の戸田一雄独立社外取締役、ファーストリテイリングの社外監査役なども兼任する安本隆晴独立社外監査役のほか、独立役員会のアドバイザーを務める弁護士の久保利英明氏、松山遙氏が出席した。

 独立役員会が最も問題視しているのは、ヤフーが上場企業であるアスクルのガバナンスを無視して岩田社長の退任を要求していることだ。アスクルは社外取締役を中心に構成される指名・報酬委員会で次期取締役候補者を選定するなど、透明性の高いガバナンスを行ってきた。20195月の同会では、岩田社長を含む取締役の再任を決定。ヤフーからの派遣取締役が出席した6月の取締役会でも、異論は出なかった。

 にもかかわらず、ヤフーの川邊社長は株主総会の1カ月前になって岩田社長に直接退任を要求した。このことについて独立役員会は、「ヤフーが指名・報酬委員会の議論を回避してトップ人事を決定しようとしており、今後の事業計画や経営課題を踏まえて次期経営体制を議論してきた指名・報酬委員会をないがしろにしている」と怒りを表明した。

 戸田氏は「アスクルは指名・報酬委員会に社外取締役を入れるなど、(ガバナンスの透明性を保つために)一生懸命に取り組んできた。(支配株主の立場を利用したヤフーの強硬手段によって)現体制はこうも簡単に終わってしまうのか。自分は何のための社外取締役なのか」と落胆の気持ちを露わにした。

 岩田社長退任の是非について、戸田氏は「大株主が経営陣に対して業績悪化の責任を指摘していることは重く受け止めるべきだが、株主総会直前に『社長を交代せよ』と言われても混乱を招くだけ」と話す。続けて、「本年の株主総会では、指名・報酬委員会が決定した岩田社長を含む取締役候補者を選任し、社長退任については来年に向けた指名・報酬委員会で、ヤフーの意見も踏まえて十分な時間をかけて議論すべきである」と主張した。

次ページは
親子上場では、子会社のガバナンスは守られない

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media