壱番屋、インドにカレー店を出店、三井物産と合弁で

2019/07/09 09:51
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

COCO壱番屋
三井物産側が60%、壱番屋が40%を出資する

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)は、三井物産と合弁でインドに進出する。

 三井物産子会社のアジア・大洋州三井物産(シンガポール)と合弁で6月28日、インドのニューデリーに現地法人を設立した。資本金は約3億円で、三井物産側が60%、壱番屋が40%を出資した。現地法人は直営およびフランチャイズで、カレーハウスCoCo壱番屋を展開する。

 壱番屋は国内に1303店、海外では中国、韓国、台湾などアジアを中心に180店を展開している(店舗数は6月末現在)。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media