西友が株式を再上場へ、ウォルマート・ジャパンが事業計画発表で明らかに

2019/06/27 13:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

西友
西友は2002年に米ウォルマートと資本業務提携し、2008年には完全子会社となった。 写真はロイター

 ウォルマート・ジャパン・ホールディングス(HD)は、傘下の西友の株式を再上場する。6月26日に発表した3ヵ年の事業計画の中で明らかにした。

 3月15日付けでウォルマート・ジャパンHDと西友のCEO(最高経営責任者)に就任したリオネル・デスクリー氏は、「私たちは長期的に、過半数に満たない株式の上場を目指しています」としており、上場の時期については明らかにしていない。

 西友は2002年に米ウォルマートと資本業務提携し、2008年には完全子会社となった。

 ウォルマート・ジャパンHDは今後3年間に、生鮮食品と総菜へのさらなる注力、楽天との戦略的提携を軸としたオムニチャネル戦略の加速、EDLP(毎日低価格)のさらなる推進などにより、西友の売り上げ拡大を目指すとしている。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media