グーグル、ビッグデータ分析企業ルッカーを26億ドルで買収

2019/06/08 08:00
ロイター

グーグル
6月6日、米アルファベット傘下のグーグルは6日、ビッグデータ分析企業のルッカーを現金26億ドルで買収すると発表した。パリで5月撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[6日 ロイター] – 米アルファベット傘下のグーグルは6日、ビッグデータ分析企業のルッカーを現金26億ドルで買収すると発表した。

グーグル・クラウド部門のトーマス・クリアン最高経営責任者(CEO)はロイターとのインタビューで、ルッカーはグーグル・クラウドのビッグデータ分析の基盤を「補完し、完備する」とし、同社の買収は理にかなっていると説明した。

両社はすでにブルー・エプロン・ホールディングスなど、350超の顧客を共有しており、既存のパートナーシップを土台に新たな関係を構築する。

グーグルのクラウドコンピューティング部門は競合に引き離されている。クラウドインフラやコンピューティングツールの企業リース収入に基づくと、グーグルのクラウド部門はアマゾン・ドット・コム、マイクロソフトに次いで3位に甘んじている。

ただアナリストによると、グーグル・クラウドのビッグデータ分析ツール「BigQuery」は最近注目を集めている。

ルッカーは2012年に創業し、約800人の社員を抱える。昨年の資金調達ラウンドで、企業価値は16億ドルと評価された。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media