生鮮リアルタイム宅配でタッグ ライフとアマゾン、急接近の深層

2019/06/04 05:09
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)

ライフがアマゾンとタッグ――。衝撃的なニュースが業界を駆け巡った。ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)が、アマゾンジャパン(東京都/ジャスパー・チャン社長)と宅配で協業するというのだ。国内の食品スーパー企業はこれまで、アマゾンとは一定の距離を保って事業を展開してきた。ここにきて、最大手がアマゾンに接近するねらいは――。

ライフ×アマゾン
ライフは2019年5月30日、アマゾンジャパンとの協業を発表した

予想外のタッグに株式市場は好反応

 ライフは5月30日、アマゾンの会員向け即日配送サービス「Prime Now(プライムナウ)」に出店すると発表した。プライムナウといえば、食品から日用品、化粧品といったさまざまな商品を最短2時間で自宅まで届けるサービス。これにライフが出店し、総菜や生鮮食品、プライベートブランド商品といったライフの取り扱い商品がプライムナウ上で買えるようになる。
 すでにプライムナウには、「ココカラファイン」「マツモトキヨシ」「日本橋三越本店」など大手小売が出店しているが、食品スーパー企業の参入は国内では初となる。ライフは首都圏・近畿圏に270店舗(2019年2月期末時点)を展開しており、プライムナウでの商品販売は東京都内の一部地域で、今年中に開始する。以降、対象店舗を拡大していく計画だ。
 この報道を受け、株式市場も反応した。発表翌日の30日のライフ株価の終値は2331円と、発表前の29日終値(2126円)と比較すると9.6%上昇。本稿執筆時点(6月1日10時50分)でも2301円で推移しており、市場では好意的に受け止められているようだ。

ライフネットスーパー
ライフは2012年から自社ネットスーパーを展開している

次のページは
国内食品スーパー業界でも日増しに大きく聞こえてきた、アマゾンの足音!

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media