オイシックス、ディーン&デルーカ運営会社に11億円を追加出資、持分法適用会社に

2019/05/22 13:15
ダイヤモンド・リテイルメディア社

ディーン&デルーカ(DEAN&DELUCA)
「ディーン&デルーカ」を運営するウェルカムへの出資比率を約20%に引き上げた

 食品宅配のオイシックス・ラ・大地(東京都品川区)は5月21日、「DEAN&DELUCA(ディーン&デルーカ)」ブランドで食のセレクトショップやカフェなどを運営するウェルカム(東京都渋谷区)を持分法適用会社化したと発表した。2月25日にウェルカムが実施した第三者割当増資を引き受け、出資比率を約20%に引き上げた。取得額は11億円。

 オイシックスは2013年にウェルカムと資本業務提携し、同社に約2%を出資していた。これまで、ディーン&デルーカのオンラインストアに対してマーケティング支援を行ったり、オイシックスが「ディーン&デルーカ」ブランドの商品を販売したりしてきた。追加出資によって、商品開発やEC(インターネット通販)チャネル、物流などの面でさらに関係を深める。

 オイシックスは18年2月に同業のらでぃっしゅぼーやを子会社化(同年10月に合併)するなど業容の拡大を進めており、19年3月期の連結業績は、売上高が前期比60.1%増の640億円、営業利益が約1.6倍の23億円と大幅な増収増益を果たした。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media