第5回 激務の上司が引き起こした、壮絶な職場いじめ

2019/05/23 05:04
神南文弥(じんなん ぶんや)

このシリーズは、部下を潰す上司を具体的な事例をもとに5回連続で紹介する。私が信用金庫に勤務していた頃や退職後に籍を置く税理士事務所で見聞きした事例だ。特定できないように一部を加工したことは、あらかじめ断っておきたい。事例の後に、教訓を取り上げた。今回は、激務の上司が部下を野放しにしたばかりに起こった、「負の連鎖反応」について取り上げる。



第5回の舞台:外食チェーン

中堅の飲料水メーカーが運営する外食チェーンの某店舗。店長以下、正社員は4人、アルバイトが約45人。

 

多忙な店長が部下を野放しにした結果

 「お疲れ…」--

 午後11時半。小さく、乾いた声が軽く響く。2人の男が、ビールの中ジョッキに口をつける。ここは、勤務する店から歩いて数分の居酒屋。“ミーティング”と称して、同じ店のアルバイトのスタッフを酒のつまみにしながら、バカにし合うのが日課だ。

 「あいつ、もう辞めるんだろう?」「学生だから、いい加減なもんだよ」「俺が少しキツク言うと、アイツ、ビビりだよ」「ハハハ…」「もっとやってやろうか」

 2人は、フロアマネージャーをする正社員。年齢は20代後半で、社歴は3∼5年。双方とも大学を卒業していないからか、特に男子の大学生アルバイトに厳しい。

 この店では大学生の男子のほとんどが、3ヵ月以内に辞める。2人から機会あるごとにいじめを受けるからだ。アルバイトの男子が客席のグラスや皿を下げてくると、待ち構えていたように浴びせる。

 「まだわかんないの?さっき、言ったじゃん!何度も言わせないでよ~~」

 学生アルバイトは顔を引きつらせながら、「はい」とうなずく。2人はその姿を見ると、目を見合わせて喜ぶ。時に、満身の笑みを浮かべる。

 30代後半の店長はこのいじめをうすうす察知しながらも、何も言わない。実際のところは、ひとりで採用から予算管理まで隅々まで抱え込み、頭が回らないのだ。しかも会社の慣例で、3年以内にほかの店舗へ異動となる。いちいち、学生アルバイトの育成に関わっている余裕はないのだ。

 2人のフロアマネージャーは悪びれた様子もなく、男子学生のアルバイトをいじめ抜き、毎晩の“ミーティング”のつまみにしている。

次のページは
こうすればよかった!解決策

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media