セブン&アイ、30年までにプラスチック製レジ袋の使用量をゼロに、環境目標を公表

2019/05/10 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア社

セブン&アイが環境宣言「グリーンチャレンジ2050」を公表 写真はロイター

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は5月8日、2030年までにプラスチック製レジ袋の使用量をゼロにするなどの目標を盛り込んだ環境宣言「グリーンチャレンジ2050」を公表した。

 傘下の「イトーヨーカドー」と「ヨークベニマル」では2012年からプラ製レジ袋の有料化を実施しており、ヨーカドーの食品売場でのレジ袋辞退率は18年度で72.7%に達している。今後はレジ袋を紙などの天然素材に置き換えることで、「セブン-イレブン」などを含むグループ全体でプラ製レジ袋ゼロを目指す。

 また、「セブンプレミアム」などプライベートブランド商品で使用する容器も、プラスチックから植物由来のバイオプラスチックや生分解性プラスチックなど環境配慮型の素材に切り替える。30年までに50%、50年までに100%を環境配慮型素材とする。

 グリーンチャレンジ2050では、二酸化炭素(CO2)排出量削減、プラスチック対策、食品ロス・食品リサイクル対策、持続可能な調達の4つを重点テーマとして、グループ全体で取り組みを推進する。

 例えば、CO2についてはグループの店舗運営に伴う排出量を30年までに30%、50年までに80%以上削減する。食品廃棄物は、売り上げ100万円当たりの発生量を30年までに50%、50年までに75%削減することを目指す(いずれも13年度比)。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media